[ 第3章 ] 食事代謝と玄米菜食について

dsc_2243

次に、食事代謝を上げる最も簡単な方法をご紹介します。とくに、40歳からは食事代謝が落ちてくるのですが、アラフォーのみなさんは、とくに参考にしてみてください。

医師の済陽高穂氏の著書「40歳からは食べ方を変えなさい~一生、医者いらずの食べ方~」には、以下のように食事代謝がよくなる食べ物が記載されています。

1.塩分制限(限りなく無塩に近づける)

2.動物性たんぱく質と脂肪を制限する

3.無農薬の野菜・果物を大量に摂る

4.主食は無農薬の玄米や胚芽米にし、いもや豆類を摂る

5.ヨーグルト、きのこ、海藻を摂る

6.蜂蜜、レモン、ビール酵母を摂る

7.油はオリーブオイル、ごま油、ナタネ油にする

8.自然水を飲む

うーん、8つもあるのですか。しかし、体験的に言って、1.から4.だけで十分です!

dsc_1347 dsc_2433-jpg11DSC_2142

なぜなら、無農薬玄米菜食は、糖質が少なく、ビタミンも豊富で、食事代謝をよくし、胃腸などの消化器官自体が運動してくれ、自動的にお腹まわりがスッキリしてくるからです。

実は、この玄米菜食ふるさと青汁についても、私の母ががんになったときにはじめた「済陽式食事療法」というものがきっかけでした。

でも、私もこれを母につきあって実践した結果、ヘルシーにダイエットできたというものでした。

ただし、玄米にしろ、野菜・果物は、やはり無農薬のものを摂ることをお勧めします。

というのも、ふつうの玄米は若干硬くて、あまり美味しいとはいえません。そのうえ玄米専用の炊飯器を購入しなければならなくなるからです。dsc_0861 dsc_1333-jpg11

では、どこで無農薬の玄米や野菜・果物が購入できるのかといいますと、野菜宅配サービスのオイシックスです。私はいつもオイシックスの無農薬農家の斉藤さんの玄米を食べています。

dsc_2525

無農薬の玄米や野菜・果物は本当においしので、無理なくおなかまわりダイエットを続けられるものと思います。

まだ無農薬の玄米や野菜・果物を食べたことがない方は、ぜひ試してみてください。今なら、「おためしセット(1980円)」だそうです。

DSC_1690

なお、最後に、オイシックスのいつもお世話になっております無農薬農家さんの動画を貼っておきました。みなさん、ぜひ参考にしてみてください。




当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!

スポンサーリンク