体幹トレーニング⑦姿勢・骨盤と腰痛対策

姿勢

こんばんは。最近ちょっと暑くなり夏の訪れの予感がしませんか。早く夏になればいいですよね^^

さて、今日は、体幹トレーニング⑦の「姿勢・骨盤と腰痛対策」です。いつもの通り本橋恵美著「大人の体幹トレーニング」を引用し解説していきます。

体幹トレーニングは、正しい姿勢で行うことが大切です。

立つ、座る、仰向け、この3つの体勢は、あらゆるトレーニングのベースとなる姿勢です。基本姿勢のポイントをしっかりと押さえてたうえで、いつでも正しい姿勢を作れるようにしておきましょう。

背中は、背骨のラインと骨盤の傾きが適切で、自然なS字のラインを描いている状態が理想です。

腰が反りかえっているときは、骨盤が前に傾いている(骨盤前傾)逆に、猫背のように丸まっているときは骨盤が後ろに傾いている(骨盤後傾)と考えられます。姿勢

うーん、ちょっと話は違うかもしれませんが、実は、僕は20年くらいの本当にひどい慢性腰痛でした。

そのうえ、姿勢が悪く(骨盤後傾)、猫背でした。病院はもちろん、多くの整体や整骨院や鍼治療にも通院しました。

ですが、最後に有名な鍼灸院へ6か月間通院し、体幹トレーニングをして、僕は腰痛を完全に克服しました。

そして、腰痛を完全に克服した僕が言えることは、腰痛の原因は、やはり「姿勢と骨盤」にあるということです。そして、鍼灸院の先生が言っていたように、骨盤がしっかり安定してくると、自動的に1~2年で姿勢はS字になるということです。

つまり、骨盤安定➡S字の姿勢➡慢性腰痛の克服になります!

つぎに、僕から腰痛持ちのみなさんに腰痛対策としてアドバイスできることは、以下の通りです。

1 20年以上の経験のある評判のいい整骨院か鍼灸院に通院すること(一回1時間1万円位のところがよく、カラダファクトリーのようなチェーン店は避けてください)。

2 骨盤ベルトで骨盤をしめること。

3 ある程度回復し、整骨院か鍼灸院の先生が適度な運動をしてもいいと言われた後に、ウォーキング、水泳、ストレッチ、体幹トレーニングなどをはじめること。

以下の動画(コナミメッソド)は、僕のような骨盤後傾の方に最適で正しい腰痛対策のスクワットのやり方です。

僕は、このスクワットをやってから、腹筋ローラーを10分やっています。この2つをやると、腰痛は完全に克服できて、しかも本当に姿勢がよくなり、体幹もしっかりしてきます。

腹筋ローラー10分に慣れてきた方は、是非、参考にして実践してみてください。



いかがでしたか。この正しいスクワットと腹筋ローラー10分でかなり骨盤まわりの筋肉がついてきますよ。

ちなみに、僕が通っていたコナミスポーツクラブは腰痛持ちの方が結構多かったです。

ある程度、お腹まわりダイエットができて筋肉がついてきてから、週1回からジムに通われてもいいかもしれませんね。

今日のテーマは、「姿勢・骨盤と腰痛対策」でした。僕は、20年くらいの慢性腰痛だったので、ついつい熱く語ってしまいました。

もし、腰痛持ちの方で悩んでいる方がいましたら、お気軽にメールしてください。慢性腰痛はあきらめないことです。必ず克服できますからね^^では、素敵な一日をお過ごしください^^

スポンサードリンク



Author Profile

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!