体幹トレーニング②骨盤

玄米と生姜焼き

体幹トレーニング②骨盤

こんばんは。今日は建国記念日ですね。僕は、お休みの日なので今しがた玄米と生姜焼きを食べてきました^^以前のブログで美味しい玄米の炊き方をお話したので、みなさんは、炊き方とかは大丈夫ですよね。でも、ダイエット中に生姜焼きなんか食べていいのかって言われるかもしれませんが、食事代謝の性質上、3食連続で玄米を食べるだけで心配いりません。そのうえ、玄米は白米と違って糖質が少ないので太りませんからね^^

玄米と生姜焼き

さて、今回のブログのテーマは「体幹トレーニング②骨盤」です。前回と同様に、本橋恵美著「大人の体幹トレーニング」を参照して解説します。

体幹を構成する主な骨には、身体のセンターラインにある脊柱(脊椎)と、その土台にあって状態と下肢(脚)とをつなぐ部位にある骨盤があります。

身体の軸となるこれらの骨の位置が歪むと、全身の動きが硬くなるだけでなく、内部にある内臓や血流が圧迫されるようになり、体調にもたちまち異変をもたらします。

脊柱と骨盤が正しい位置にあるということは、動きがしなやかになるだけでなく、健康を維持するうえでも大変重要なことと言えるのです。

また、体幹と連動している2つの大きな球関節(肩関節、股関節)の動きにも注意です。関節の可動域が狭くなると、「肩が上がらない(四十肩、五十肩)」「身体が硬い」といった諸症状を実感するようになり、身体の負担が大きくなります。

実は、僕は20年以上の腰痛持ちでした。病院、整体、整骨院、鍼などにいろいろと行きました。ですが、なかなか治りませんでした。最後に、有名な鍼の先生のところで相談・治療したところ、僕の腰痛は「骨盤」の左右の歪みと、骨盤が開いて寝ている状態が原因でした。要するに重症でした!骨盤

そして、6か月の鍼治療終了後、僕は、適度な運動、つまり体幹トレーニングをはじめてから腰痛は全くなくなりました^^

とくに、アラフォーの方で、腰痛持ちの方は、まず「骨盤」の左右のバランスの歪みと寝ていないかを確認してみてください。そして、これを改善するようにしてみてください。また、脊柱の歪み、四十肩、五十肩の痛みは、骨盤の左右のバランスが整えれば、自然治癒力で1~2年で治るらしいです。

それほど、骨盤は大事な部位なのです!

そして、腰痛持ち、四十肩、五十肩の方は、まず骨盤の左右のバランスを整えるべく体幹トレーニングをやってみてください。この体幹トレーニングは、ベストな腰痛治療法でもあるのです。

これで、今回のテーマ「②骨盤」を終わります。アラフォーのみなさん、骨盤は本当に大切です。ここがすべての身体の不調となる原因と言っても過言ではありません。ですから、少しずつでいいので、これから無理のない程度に体幹を鍛えていきましょう。

みなさん、あと少しで祝日も終わりですね。この後もリラックスして素敵な祝日をお過ごしください。では~~^^

百助

スポンサードリンク



Author Profile

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!