あなたのタイムマネジメント②選択~選択する能力を取り戻す

lgf01a201312151900

こんばんは!GWになって、僕は少しダラダラと過ごしてしまいました。そういう時間もまたいいものですね。

さて、今回のブログのテーマは、「あなたのタイムマネジメント」の「②選択~選ぶ力を取り戻す」です。

選択?

そうです。自分で物事を選択して、「No!」と断らなければ、自分の時間は減り、タイムマネジメントどころではないですよね。

以下、いつもの通り、グレッグ・マキューン著「エッセンシャル思考~最少の時間で成果を最大にする~」を参考にして解説していきます。

1.選択する能力とは?

私たちは、選択の外的側面(どんな選択肢があるのか)にばかり目を向けて、選択の内的側面(選択の能力)を見過ごしてきた。

この違いは、極めて重要だ。

選択肢を奪うことはできても、選択の能力(自由意思)を奪うことはできないからだ。

ただ、その選択の能力を本人が手放してしまうだけなのだ。

8522599_39e5028629_m

2.なぜ選択する能力を手放してしまうのか?

これには2パターンがある。

1つ目は、人には「学習性無力感」というものがある。

例えば、数学でつまづくき、どうやっても解けないと数学を理解しようという努力を投げ出してしまう。

何をしても無駄だと思うからだ。

2つ目は、少しわかりにくい反応である。

数学を投げ出すようなことをするのではなく、逆に働きすぎるようになる。

あらゆる仕事を引き受け、どんな課題も諦めない。

何もかもやろうとする。

この行為は、一見すると学習性無力感とは無縁のようだが、その活発な行為は、単なる見せかけに過ぎないのだ。

つまり、選択する能力がないから、すべてを引き受けているだけなのである。

この類の人は、選択肢を考えない。

言われたことをやるしかないと思い込んでいる。

選択する能力、そしてその行動は難しい。

何かを選択すると、何かを捨てることになるからだ。

canstock41640223

3.選択する能力を取り戻す!

だが、選択する能力を取り戻さないかぎり、エッセンシャル思考は身につかない。

エッセンシャル思考を身につけるためには、選択するという行為に自覚的でなければならない。

選択する能力は、自分だけのものであって、何者にも奪われないということを理解しなくてはならない。

哲学者のウイリアム・ジェームスは、「自由意思の最初の一歩は、自由意思を信じることだ」といった。

エッセンシャル思考の最初の一歩も、「選択する」ことを選ぶことだ。

自分自身の選択する能力を取り戻したとき、初めてエッセンシャル思考が可能になる。

一方、選択する能力を忘れた人は、無力感に陥る。

だんだんと自分の意思がなくなり、他人の選択を黙々と実行するだけになってしまうのだ。

せっかくの選択する能力をすっかり手放してしまうのだ。

これが非エッセンシャル思考の生き方である。

エッセンシャル思考の人は、選択する能力を無駄にしない。その価値を理解して、大切に実行する。

なぜなら、エッセンシャル思考の人は、自分の選択する能力を手放すことは、他人に自分の人生を決めさせることだと知っているからだ。

mono06944061-050415-02

4.まとめ

以上で、今回のブログのテーマ「あなたのタイムマネジメント」の「③選択~選択する能力を取り戻す」を終わります。

まず時間がないと言って嘆く前に、選択する能力を意識してみるといいですね。

これって本当に自分がやらなければならにのか、何でも言われるままに安請け合いしていないか、断れないだけではないのか等々、、、。

さもなければ、いつまでたって自分の時間はもてないで人生が終わってしまうでしょう。

そうならないために、次回のブログでは、「④選択~もっとも厳しい基準で選択する」で、選択する際の方法を考えていきますね^^

lgf01a201312151900

それでは、今日はこのあたりでご容赦ください。この選択する能力を意識するだけでかなり時間の効率がよくなりますよ。

では、みなさん、素敵な1日をお過ごしください(⋈◍>◡<◍)。

Author Profile

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!