がん予防の基礎知識③済陽式食事療法の体験談

DSC_5627

おはようございます!兵庫は快晴^^今日の僕は日曜日ですが、年末休暇に備えて、野暮用をコツコツとこなしていく予定です^^

さて、今回のブログのテーマは「がん予防の基礎知識」の「③済陽式食事療法の体験談」です。

結論として、この食事療法でがん予防ができるのか否かというと、がん予防はできますとだけ言っておきます^^

以下は、済陽高穂著「済陽式食事ノート」のがん患者Tさん(41歳女性、乳がん)の体験談からの引用です。

DSC_5809

1.Tさんの体験談(41歳女性、乳がん)

(1) Tさんのプロフィール

Tさんは、35歳のとき、乳がんになり、左乳房の全摘出手術を受け、4年半後に再発し、入院されました。

そして、6か月間の抗がん剤治療も効かず、緩和ケアを勧められたほどでした。

しかし、4か月半後の済陽式食事療法の結果、がんが消えたという方です^^

DSC_2636

(2) 肉食生活から菜食生活へ。4か月後にがんが消えた!

初めは半信半疑だった食事療法で指導通りにはなかなかいきませんでした。

しかし、食事療法を続けるうちに、1日3回きちんとお通じがあるようになり、体重が減り始め、体に変化が現れて、食事療法の効果を実感するようになったのです。

2か月目からは真剣に取り組むようになりました。毎日、野菜やフルーツを搾ったジュースを飲み、ヨーグルトを食べ、肉の代わりに納豆などの植物性たんぱく質を摂り、野菜本来の美味しさに気づいて、あまり塩分を必要としなくなってきました。

そうして食事療法の手応えを感じながらも、もちろん、その間もホルモン療法は続けていました。

その後、鎖骨にある大きながんだけは食事療法だけでの改善はむずかしそうとのことで、大学病院で放射線治療をすることに決め、すぐに実行しました。

そして、済陽式の4か月半後の9月のPET検査では、私の体から、すべてのがんが消えていることが確認できたのです。

この時改めて、済陽先生に出会い、百済陽式食事療法を知ることができたことに心から感謝し、この食事療法を積極的に続けていくことを決心したのです。

放射線治療中はとても疲れやすいと言われましたが、なんとか無事に終え、今のところはホルモン療法の副作用もなく、こうして治療を続けられるのも、食事療法で体質が変わったからではないかと思っています。

事実、平熱が35.7℃から36.1℃に上がり、風邪もひかなくなりました。

_20161126_105306

(3)済陽式食事療法で始めて気づいた自然の恵み

肉中心の食事から野菜中心の食生活に変わっただけでなく、食べ物の内容や質にもこだわるようになりました。

安心して食べられる無農薬や有機栽培の玄米や野菜、平飼いの鶏の卵、無添加のだし、天然水などをできるだけ選び、「マゴワヤサシイ(毎日食べたい食材の頭文字をつなげた言葉。マ=豆、ゴ=ごま、ワ=わかめ(海藻)、ヤ=野菜、サ=魚、シ=しいたけ(きのこ)、イ=いも)」を取り入れた食事を心がけています。

濃い味付けのお料理はつくらなくなりました。減塩味噌や減塩塩を使うより、だしをきちんととることがなにより大事だと感じています。

薄味で食べていると、お米や野菜や魚や卵の本来の味がいかにおいしいかがよくわかります。

お寿司にもおしょうゆを使わなくなりましたよ^^

DSC_2628

2.がん予防と無農薬野菜

上記のTさんの体験談は、実際にがんを済陽式食事療法で克服されたものですが、これは本当によく聞く話です。

実際、母も大腸がんになったのですが、なんとかがんを克服できたのはこの食事療法のおかげです。

家族の僕も、母に付き合って無農薬の野菜や玄米を今でも食べているのですが、美味しいうえに、やはり体にいいですね。

がん予防というと、禁酒禁煙を口うるさくいう方がいますが、それ以上に食事に気を使う方が現実的ながん予防になると思います。

また、この済陽式食事療法は、61%以上のがん患者有効であるというデータがでています。

なお、これは僕個人の見解ですが、がん予防として、食事を気をつけ無農薬の野菜や玄米を摂取している方は、まずがんをはじめ成人病になることはほとんどないと思います。

それほど無農薬の野菜や玄米を中心とした済陽式食事は、がん予防、成人病予防になることは間違いないものと確信しています^^

DSC_4905

DSC_5627

3.まとめ

以上で今回のブログのテーマ「③済陽式食事療法の体験談」を終わります。

ところで、僕がなぜこのようなブログを書くのかと言いますと、僕の家族は父方も母方もがん家系で、父も母もがんになったからです。

父は胃がんで他界し、母は大腸がんになりましたがなんとか克服しました^^

そして、僕自身もがん予防のために、無農薬の野菜、果物や玄米を取り入れた済陽式食事療を今も厳格ではありませんが、実践しています。

そして、ありがたいことに、この食生活痩せるうえに、がん予防につながるものです!

ですから、がん予防、成人病予防をしたい方は、適度な運動とともにこの食生活に変えてみるといいでしょう。

DSC_5743

それでは、今日のブログはこのあたりでご容赦下さい。ちなみに、今日8月31日は「野菜の日」らしいですね。

スーパーの野菜はあまり美味しくないので、野菜嫌いの方は、美味しい無農薬の野菜、果物や玄米を試してみてください。そうすれば、簡単に食事療法を実践できますよ。

では、みなさん、一段と寒さも強まって行きますが、素敵な日曜日をお過ごしくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Amazon:

ガンが消える、ガンを予防す 済陽式食事ノート

40歳からは食べ方を変えなさい!+一生、医者いらずの食べ方【編集版】

投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ  腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。 趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。 なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!