錦織圭「トップを目指すための思考法」①勝負強さを左右するものは何か?

dsc_2560

こんばんは!兵庫は、今雷が鳴っています。季節はずれの雷ですが、もう初夏が近づいて来ている証拠かもしれません^^

さて、今回の連載ブログは、錦織圭「トップを目指すための思考法」です。

一回目の今回のテーマは「①勝負強さを左右するものは何か?」です。

結論から言って、錦織圭選手がトップになる条件は、スタミナです。これは、ビジネスマンも同様に、肉体的にも精神的にも持久力がないと、世界一にはなれません。

以下、児玉光雄著「錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考」から引用、要約して、解説していきます。

dsc_2560

||  1.  勝負強さを左右するものは何か?

ここ2016年10月現在の過去1年間の彼の試合に関する2つのデータがある。

まず1つ目のデータは、最終セットに関するデータである。

ファイナルセットに持ち込まれたとき、錦織の成績は18勝2敗

勝率はなんと9割なのだ!

そして2つ目のデータはタイブレークに関するものである。

過去1年間の成績は20勝9敗で、ランク3位。

これから、いかに錦織が後半強いプレーヤーであるかがよくわかる。

全米の4回戦で5セット、4時間19分にも死闘を勝ち抜いた。

そして準々決勝もやはり5セット、4時間15分というタフマッチを制したのである。

若い頃テニスのセンスは素晴らしいが、体力面で問題があると言われた錦織は、チャンコーチの徹底的な指導も加わって、いまやツアーで最もタフプレーヤーの一人として変身したのだ。

スポーツ界のみならず、ビジネス界でもライバルとの接戦消耗戦持ち込まれることが多い。

しかし、そんな厳しい戦いで必ず勝利するのは最後まで持久力のある人間の方です。

結局、どんな世界でも、執着心のより強い人間勝利するのである。

keifscin

||  2.  眼前のことに集中すれば迷いは消える

プレーする錦織の集中力は、テレビ画面からも伝わってくるほど強烈だ。

そして、チャンコーチ指導を受けてから、錦織迷いから解放された。

迷いがなくなった結果、彼はどのようなときに守り、どのようなときに攻めるべきかというメリハリのついたプレーができるようになった。

深いボールはフットワークを使ってミスなくつなぐ、ベースラインより前でとれるボールは一歩早いタイミングでとらえて、ウイナーを奪いにいく。

迷い雑念を生み出し、結果、集中力が乱れ、ボールに対する身体の反応が遅れる。

一方、雑念を追い出した迷いのない安定した精神状態がゼロトニンといった好ましい脳内物質を生み出し、高いレベル集中力を発揮させてくれる。

それでは、雑念が脳に浮かび上がってきたら、どうすればよいのだろうか?

たとえ雑念が浮かび上がってきても、そのことに過剰反応することなくそのままにしておけばよい。

いま取り組むべきことだけをハッキリと明確にして、脳裏に強く刻む。

これこそ、その分野の頂点に立てる勝者の思考なのである。

nik416-jpp021797387

|| 3.まとめ~圭くんがトップになるための条件1~

以上で今回のブログのテーマ「①勝負強さを左右するものは何か?」を終わります。

まずは、日本人の体格で、ATPランキング1位の188cmのジョコビッチに勝つには持久力(スタミナ)がなければ、勝てません。

サーブのスピードも群を抜いているわけではなく、ラリーで競り勝つしか日本人にはないのです。

ですから、肉体的な持久力(スタミナ)が絶対条件です。

そのうえ、チャンコーチのゲーム戦略として、ファイナルセット、タイブレークを重点的に強化する戦略をとっているはずです。

とくに、2セットにおいて、体力を温存してペース配分を上手くとっているシーンがよく見受けられます。

ただ、いずれにせよ、4時間19分、4時間15分のゲーム時間のタフマッチを難なくこなしているのを見ると、練習の時は、5時間以上連続集中してやっていることは明らかです。

そして、チャンコーチにかわってから、錦織選手はメンタルかなり強くなったことも明らかです。

とくにファイナルセットで、錦織選手相手スタミナが消耗したときに錦織選手は、集中力ギアー上げられるようになったのです。

つまり、精神的な集中力)スタミナもついてきたのです。

これは、修造語録を引用すると、

”崖っぷち最高!”

を錦織圭選手は実践しているのです。

mrsyuzo_1-jpg-pagespeed-ce-vq-vs2kcrd

これは、疲れてバテバテのときなどに、あえて、自分を追い詰めて、トレーニングをやっている証拠なのです。

この”崖っぷ最高!”をジョコビッチ戦で実践できれば、錦織選手がトップになるチャンスはあります。

つまり、錦織選手がトップになるには、精神的にも肉体的にもスタミナがなければならないというのが第一条件なのです!

dsc_3584

それでは、今日はこのあたりでご容赦くださいね。全仏で頑張っている錦織選手に負けず、僕もこれから腹筋ローラーを転がします。では、みなさん、素敵なゆうべをお過ごしくださいね^^

投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!