あなたのやせる生活(アイデア特集)⑦ゆるやかな糖質制限ダイエットのすすめ

DSC_1684

おはようございます!兵庫は快晴です^^本当に一年の中で最も過ごしやすいシーズンですね^^

さて、今回のブログのテーマ「⑦ゆるやか糖質制限ダイエットのすすめ」です。

結論として、糖質を完全にゼロにするような極端な糖質”ゼロ”ダイエットはしなくてもいいです。

でも、ゆるやかな糖質”制限”ダイエット、つまり糖質の量は減らしていくことをおすすめします。

以下、いつもの通り、肥満治療専門の医師の島野雄実さんの「やせる生活」を参考にして解説していきます。

|| 1. 白米=炭水化物=糖質

まず、最初に日本人の主食、白米(ご飯)について検討してみましょう。

日本人は、やはり白米の大好きな方が多いです。でも、白米は栄養学的に炭水化物と呼ばれる食べ物です。

また、炭水化物は、糖質とも言われ、この炭水化物を抜く糖質制限ダイエットが話題になっているので、これを知っている方も多いと思います。

ですから、白米=炭水化物=糖質になります!

これを極端にゼロにしょうとする糖質”ゼロ”ダイエットもあります。

でも、結論から言えば、「炭水化物は減らした方がより効果的であるが、食べたいのであれば食べてもいい」というのが答えです!

ただし、白米を毎回おかわりされているような方は、おかずもかなりの量をとっているはずなので、まずは白米の量を減らしましょう。

そして、ダイエットはどの食品がいいか、悪いか、またはどの食品をやめるかではなく、トータルのバランスを考えて実践してみて下さい。

つまり、糖質”制限”ダイエットがおすすめなのです!

20130130145750

|| 2. ゆるやかな糖質制限ダイエットのすすめ

炭水化物を完全にゼロにするという極端な糖質”ゼロ”ダイエットが一時話題になりました。

このとき、糖質はそもそも人間にとって不要なものであるという極論さえありました。

でも、現時点で日本肥満学会や糖尿病学会などは、”糖質ゼロ”を推奨していません!

一つ言えることは、炭水化物をとりすぎていると思う方は、食事のバランスを整えるために、糖質を制限しましょう。

極端に糖質をゼロにしなくてもいいんです。100ある量のうちの70、60、に減らすだけでいいのです^^

例えば、白米のおかわりをやめる、夜は白米の量を減らす、白米の代わりに玄米を食べると言った方法です。

白米の量の目安は、1食あたりの白米の適量は大人ですとお茶碗6分目から8分目と考えて下さい。

体重を維持するには、もう少し多くてもいいのですが、ダイエットであれば、この程度が適量になります。

DSC_3638

|| 3. まとめ

以上で今回のブログのテーマ「⑦ゆるやかな糖質制限ダイエットのすすめ」を終わります。

「白米=炭水化物=糖質」から、極端な糖質”ゼロ”ダイエットをなされる方もいます。

でも、量を減らす糖質”制限”ダイエットで十分にダイエットできます!

ダイエットは、無理なく楽しく続けることが大事です!

ですから、マクロビオティックと同様なのですが、極端に糖質を”ゼロ”にするのではなく、ゆるやかな糖質”制限”で十分なのです。

dsc_1374

あ、先日、写真のライザップのカップラーメンを食べてみました。もちろん、低糖質ラーメンですが、ダイエットをされている方は、この種の商品に手を出す必要はないです。おすすめではありません。

DSC_4847

それなら一風堂のラーメンでいいです。白丸も赤丸もどちらもおいしいですよね。

ただし、替え玉は厳禁です^^

そうです、悔しいですが、替え玉は厳禁なのです。このようにちょっと食べ物の量、食材、お茶碗、食べ方などを工夫したり、気を配るだけで、十分にダイエットできます。

ですから、極端な糖質”ゼロ”はしないで下さいね^^

DSC_1684

それでは、今日はこのあたりでご容赦下さい。最近、僕はまた太ってしまったのですが、食欲の秋で何でも食べ物がおいしくて困っています。

はい、食べ物を少し制限しますし、運動の秋にもします。少し気をつけるだけで全然違う結果になりますからね^^では、みなさん、素敵な日曜日をお過ごしくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!