錦織圭「トップを目指すための思考法」②必要なのは自分のスタイル

28673350824_c95b39dbea_z

おはようございます!兵庫は雨です^^梅雨入りしたらしいですね。でも、梅雨を楽しみましょう^^

さて、今回のブログのテーマは「②必要なのは自分のスタイル」です。

そうです。この自分のスタイルを貫くのは極めて難しいですね。でも、自分のスタイルを貫かないと、絶対にトップにはなれません!

以下、いつもの通り、児玉光雄著「錦織圭 マイケル・チャンに学んだ勝者の思考」から引用、要約して解説していきます。

||  1.  必要なのは自分のスタイル

2009年に右肘にケガを負った錦織は、手術のため1年近くのブランクをよぎなくされる。

ケガから復帰した錦織は11年、アガシ、ロディックなど数々の一流選手を育てた名コーチ、ブラッド・ギルバートに師事することになる。

ギルバートは錦織にミスの少ない安定したプレースタイルを求めた。

それまでの不安定ではあるが、意外性があり攻撃的な彼のプレー封印された。

ギルバートの指導を受けて98位だった世界ランクは25位まで上がった。

錦織はフラストレーションを感じながらも結果が伴ってきたことで納得していた。

ところがこの年のスイス、バーゼルの決勝でフェデラーに完膚なきまでに叩きのめされる。

そして錦織はこの試合で超一流の選手と対するには、守備的なテニスでは限界があることを悟る。

チャンは錦織に、より攻撃的プレーすることを強調し続けた。

なぜなら守備に徹していては、当面のライバルは打ち負かせても、トップ10のプレーヤーには勝てないからだ。

一流のライバルと戦って勝利するためには、徹底して攻める戦略を貫けばよい。

独自のスタイルで攻めに徹する。

これこそトップになるため必須条件なのである!

lgf01a201307180700

||  2.  自分のアピールポイントを見つけよう

弱冠13歳でIMGアカデミーに渡った錦織は、渡米した頃はアメリカ人が怖かったという。

身体も大きいし、文化も食べ物も違う。だが、彼にはテニスがあった。

当時のアメリカでの苦労を聞かれて錦織は、次のように答えた。

「テニスをしているときは他のことは関係ないじゃないですか。自分はテニスでアピールする!」

アメリカは実力主義の国、結果が出ていれば讃えられるし、悪ければ見放される。

アカデミーにおけるこの方針が、「勝たなければ!」というハングリー精神を錦織の心の中に育ててくれた。

このアカデミーで出会ったのが、2011年から錦織のコーチを務め、現在もツアーに帯同しているダンテ・ポッティーニ

現在このポッティーニとチャンが錦織をサポートしている。チャンが厳格な指導者であるのに対し、ポッティーニはフランクに錦織に接し、精神面での支えになっている。

この2人とトレーナーの中尾公一によるサポートチームの体制が上手くかみ合って、現在の錦織を支えていることは間違いない。

ã—êDå/Kei Nishikori (JPN), Michael Chang, MAY 25, 2014 - Tennis : Kei Nishikori of Japan and his coach Michael Chang of United States during a practice session prior to the French Open at Roland Garros in Paris, France. (Photo by AFLO) *** Local Caption ***

||  3.  まとめ~圭くんがトップになるための条件2

以上で今回のブログのテーマ「必要なのは自分のスタイル」を終わります。

独自のスタイルで攻めに徹して、それで自分をアピールすることは理解できます。

では、身長が178㎝の錦織選手がトップになるためにはどうすればいいのでしょうか。

錦織選手が、188㎝のジョコビッチのサービスをいかにしてブレークするかが最大の問題となるでしょう。

以下の写真は、錦織選手のレシーブのときの構えです。28673350824_c95b39dbea_z構えは至ってふつうですね。でも、この腰の位置、つまり重心の高さではジョコビッチのサービスはブレークできないでしょう。

しかし、次の写真の大相撲の取り組みのときの力士の腰の位置、つまり重心の低さを見てください。

20150525005819a158d_550

img_16このように腰の位置、つまり重心を低くすると、今よりも半歩後ろに下がってサーブを待ち構えることができます

全豪までに、錦織選手がさらに足腰を強化し、四股のスタイル丹田に力を込めてレシーブする練習をすれば、ジョコビッチのサービスをブレークするチャンスはあります。

僕は、錦織選手のサーブやエアー圭には何ら関心がありません。

錦織選手のテニスのスタイルはラリーに競り勝つこと

そして、アピールポイントは、ジョコビッチのサービスをブレークすることです。

これが、身長の低い日本人がトップになるための第二の条件です。

dsc_3584

それでは、今日はこのあたりでご容赦くださいね。僕は今日は、梅雨入りしましたので、腹筋ローラー10分+体幹トレーニング30分の室内コースで足腰を鍛える予定です。では、みなさん、素敵な一日をお過ごしくださいね^^

投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!