松岡修造著「応援する力」③ネガティブ思考を絶つ

%e7%84%a1%e9%a1%8c

おはようございます!兵庫は快晴です。でも、布団からなかなk抜け出せないくらい今朝は寒かったです^^

さて、今回のブログのテーマは「③ネガティブ思考を絶つ」です。

結論として、現実は厳しいですし、ドス黒い奴らであふれています。80%以上がネガティブな思考と行動をして一生を終わるでしょう。

”でも(but)”、そんなネガティブ思考を絶つ方法の一つとして、魔法の修造語録があるのです。それが、”stop!”です。

これは、アドリブではダメです。あなたご自身で好きな言葉を必ず前もって一つ決めておきましょう。

以下、いつもの通り、松岡修造著「応援する力」から引用、参考にして、解説していきます。

||  1.ネガティブ思考を絶つ

僕が現役時代、「頑張れ修造!」「自分に負けるな」「お前ならできる!」といつも自分を叱咤激励していました。

そうやっていつも自分自身応援してきたのです。

でもそれと同時に「どうせ自分はダメなんだ」「また失敗するぞ」というネガティブな声も聞こえてくるんです。

どうやったらその声をかき消すことができるのでしょうか?

自分自身を応援する時、最大の敵となるのは、”ネガティブ思考”です。

”ネガティブ思考”が強いほど、「どうせ自分はダメなんだ」という声が「頑張れ修造!」と自分を応援する声に勝ってしまうものです。

以下に、そんな応援の敵である、”ネガティブ思考”をどうやったら追い出すことができるのか、考えていきたいと思います。

e382bbe383b3e382bfe383bce382b3e383bce38388

||  2.ネガティブ思考という悪魔について知っておく

どんなに自分を応援しようと頑張っても、ネガティブ思考という高い壁に阻まれてしまうと、足を取られて、前に進むことができなくなってしまいます。

人間は日常考えることのうち、80%ネガティブなことであると言われています。

一度ネガティブな発想をしてしまったら、何から何までネガティブに思えてしまった、、、。そんな経験はありませんか?

ネガティブ思考は、人にも伝染します。

自分は前向きな気持ちでいても、人からネガティブなことを言われたとたん、「ああ、やっぱりダメかも」と憂鬱になってしまうことがある。

それくらい人の心は移ろいやすいものなんですね。

だから、僕は、そんなふうに変わりやすい心利用するようにしています。

2015%e5%b9%b45%e6%9c%8815%e6%97%a5%e9%8c%a6%e7%b9%94%e5%9c%ad%e3%80%80%e6%9d%be%e5%b2%a1%e4%bf%ae%e9%80%a0-e1431642724827

||  3.ポジティブ思考に変える魔法の言葉を決めておく

ネガティブ思考に陥りそうになった時、僕は心の中で「ストップ!」と声をかけ、心の向きをポジティブな方に変えるようにしています。

少なくとも1日に100回以上は、「その考えストップ!」と言っています。

そうやってネガティブ思考が進入してくるのを防ぐことで、自分を応援しやすい環境を作っているのです。

たとえ「ストップ!」と言っても、現実は何も変わらないじゃないか、という人がいるかもしれません。

そんな人はネガティブな言葉に、1つだけポジティブな応援の言葉をつけ加えるようにしてみてください。

例えば、「今日も雨だな。でも、明日は晴れるかもしれないから頑張れ」など、どんなことでもいいんです。

マイナスの思考が出たら、マイナスな言葉の最後に1つだけポジティブな応援の言葉つけ加える訓練をする。

そうやってネガティブ思考を封印することが日常的にできるようになれば、最強です。

「自分ならできる」「自分に負けるな」という自分に対する応援の言葉心から信じ、いざという場面で、効力発揮させることができるようになるのです。

dsc_3585

||  4.  まとめ

以上で、今回のブログのテーマ「③ネガティブ思考を絶つ」を終わります。

なるほど、ポジティブな応援の言葉で自分で自分を応援する魔法の言葉として、松岡さんは「ストップ!(stop!)」という言葉を使っていたのですね。

僕は、アメリカの影響心理学の本で読んだ「バット(but)」を使っています。

例えば、「腹筋ローラーのラスト3回がキツい。だが、キツいから力がつくのだ!これが終わったらふるさと青汁だ!」などとポジティブな応援の言葉を自分に言っています。ローラー

どちらの言葉でもお好きな方でいいですよ。

ただ、自分への応援のポジティブな魔法の言葉一つ決めておき、いざという時使えるように訓練すればいいのです!

毎日の日常生活では、80%以上がネガティブなことでも、ネガティブな感情、思考の段階ストップさせる。

そして、ネガティブな言葉、行動に移さないように訓練すればいいのです。

この現実の世界では、ネガティブな言葉と行動で、なんと人を、自分を傷つけていることでしょう。

しかし、人を、自分を応援するには、ポジティブな応援の言葉が何よりも大切なのです。それが、必ずポジティブな行動に反映されるものだからです!

それでは、今日はこのあたりでご容赦くださいね。今年も残り2週間になりましたね。本当に1年はあっという間に過ぎていきます。でも、その残り2週間を全力で走り切りましょうね^^では、みなさん、今週も頑張っていきましょうね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ  腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。 趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。 なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!