松岡修造著「応援する力」②自分で自分を応援してみよう

_20161001_233606

おはようございます!兵庫は、雨。猛暑の後の台風と地震。被災された方は、1日も早い復旧をお祈り申し上げます。草葉の陰からですが、応援しております^^

さて、今回のブログのテーマは「②自分で自分を応援してみよう」です。

結論から言って、自分で自分を応援することは、他人を応援するよりも難しいです。

自分で自分を応援する最良の方法は、やはり「言葉の力」です。

自分で自分を応援するポジティブな言葉を決めておくことですね^^

以下、いつもの通り松岡修造著「応援する力」から引用、要約し、かつ解説していきます。1776

||  1. 自分で自分を応援してみよう

人に応援してもらうことで、とても大きなエネルギーをもらえるます。

でも、一方で人からの応援に頼りすぎていると、応援してもらえない局面に立った時、精神的にもろくなってしまいます。

僕たちとって最大の応援は「自分で自分を応援すること」だと思います。

自分自分応援し、自分の心コントロールできるようになれば、”最強”なのですが、この自分への応援はなかなか難しいんです。

僕はいつもポジティブで元気いっぱい、悩みなんかないと思われることが多いですが、とんでもない。

むしろ人に比べネガティブで精神的に弱い人間です。

だからこそ、弱い自分をどうしたら、強くできるのか、いつも悩み、考えてきました。

||  2.言葉の力を信じてみよう

そんな弱い自分を追い出す方法の一つに言葉があります。

言葉はその時の物事の捉え方、考え方を変えるきっかけを与え、あきらめそうになる弱い心応援してくれるものです。

言葉が僕を救ってくれた、最も印象深い思い出は、1995年のウィンブルドン大会です。あと一つ勝てばベスト8に入る、という試合でした。_20161001_233606

序盤はまったくの劣勢だったにもかかわらず、徐々に盛り返し、あと1セットというところになって、なぜか、僕の心と体に急激に、大きな恐怖が襲いました。

この状態は、アスリートだった人でないとわかりにくいのかもしれないのですが、実力から言って勝つのは難しい試合で、いざ本当に勝ちそうになると、色々な雑念、不安が、今まで考えもしなかったのに、次から次に頭の中に浮かんでくるのです。

勝ちが見えると、勝ってもいないのに、勝った気になってしまう。

でも、そうなると、目の前の一打集中できなくなり、負けてしまうのです。

僕は声を出して、「この一球は絶対無二の一球なり!」と叫びました。

この言葉を叫ぶことで、「この一球だけに集中しょう。それだけでいいのだ」と思えて、不安取り除かれたからです。

プロテニスプレーヤーになってからずっと夢見ていたウィンブルドンベスト8が、目の前の、すぐそこまできていたからこそ、出た言葉だったのです。

||  3.まとめ

以上で今回のブログ「②自分で自分を応援してみよう」を終わります。

この「自分で自分を」応援するというのは、「他人」応援することよりもかなりしいです。僕もすごく苦手です。

でも、僕はこの「自分で自分を」応援するするために、言葉の力を強く激しく信じています。

松岡さんは、ウィンブルドンでの大一番で「この一球は絶対無二の一球なり」という言葉に救われたのですね。

僕は、あの試合をTVで見ていました。そんなことを考えていたとは全く知りませんでした。

人は、人生の時の時に、やはり言葉の力に救われるものです。

人生でキツイとき、苦しいとき、どうしたらいいかわからないときは、僕は、彼の曽祖父の小林一三翁の「今、自分がやるべきことをやる!」の言葉を実践します。img_0179

そして、僕は一三翁のこの言葉で今まで何度、救われてきたことか!

みなさんは、自分自身を応援する言葉、救ってくれる言葉ってありますか。まだないという方は、自分を応援する言葉を決めておきましょう。

そして、その言葉の力で自分で自分を応援してみてください!

dsc_3585

それでは、今日はこのあたりでご容赦くださいね。今週は、いろいろとあり僕自身も大変でした。やれやれ、ようやくハナキンです。今日はガッツリと汗をかこう!!!

あ、被災されたみなさん、まずは、自分で自分を応援して下さいね^^では、やれやれ、ですが、日々是好日。素敵なハナキンをお過ごしくださいね(⋈◍>◡<◍)。✧♡

Author Profile

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!