細マッチョ肉体改造法⑧体脂肪率だけを意識する理由

dsc_3603

こんばんは。土曜日と日曜日に少し無駄な動きをしてしまったので、今日は少しキツイ一日でした。

でも、青汁を3杯飲んだので何とか乗り切れました。僕は、この青汁を飲みだしてから、夏は夏バテしなくなり、冬は風邪をひかなくなりましたよ。感謝^^

dsc_3609

さて、今回のブログのテーマは「細マッチョ肉体改造法」の「⑧体脂肪率だけを意識する理由」です。

いつもの通り、古家政吉著「細マッチョ肉体改造法」から引用し、解説していきます。

<AD>

|| 1.体重よりも体脂肪率

筋肉量を増やしていくと、体型は変わってきているのに、体重が思ったよりも減っていないと思うことがあるかもしれません。

それは、筋肉が脂肪の3倍以上の重量があることに関係しており、筋肉質の人は見た目よりも体重が重くなって当然ですから、気にしないでください。

dsc_3603

最近の体重計の多くの機種で、「BMI(体格指数)」という数値が採用されています。これは、「体重÷(身長×身長)」であらわされる数値であり、身体の中身(筋肉量)が考慮されていません。

たとえば170cm、65kgの男性であったら「65÷(1.7×1.7)」でおよそ22.5となります。

日本肥満学会が推奨する基準によれば、18.5未満が「やせ(低体重)」、18.5以上~25.0未満が「ふつう」、25.0以上~30.0未満が「肥満度Ⅰ度」、30.0以上~35.0未満が「肥満度Ⅱ度」、35.0以上~40.0未満が「肥満度Ⅲ度」、40.0以上が「肥満度Ⅳ度」となっています。

しかし、このBMIの数値は、女性は比較的あてはまりますが、男性はあまりあてはまりません

ですから、トレーニングを始めたら、体重体脂肪率推移だけをチェックし、たまに鏡で筋肉の状態を確認するくらいで十分です。

|| 2.目標は月1kgの減量でOK

前述したように、筋肉は脂肪の3倍重いということもあるので、無理なく脂肪を落としていく目標としては、月1kg程度目指すといいでしょう。

少ないと思うかもしれませんが、食事制限なしでの目標ですし、トレーニングを行いながら月1kgの減量を行っていくことは、身体の中身がガラッと変わることを意味しています。

数日で変化を実感してもらうのは無理ですが、数カ月経てば、身体の軽やかさや鏡に映った肉体で変化を実感してもらえるのがトレーニングなのです。

dsc_3598

|| 3.まとめ

以上で今回のテーマ「⑧体脂肪率だけを意識する理由」を終わります。

これは、本当に体脂肪率だけチェックすればいいと思います。

実際、初めはやせて、体重が減ってきて、ある時点で体重が減らなくなります。

体重が減るどころか、筋肉がつくのでむしろ体重が増えていくこともあります。

でも、体脂肪率は減っているはずです。僕は、現在17.0%なのですが、以前は25.0%はあったと思います。

なお、ここで少し補足意見があります。それは、上記のロジックはアラフォーのみなさんには当てはまらない箇所があります。

それは「食事制限」です。

僕が以前に書いたブログ「新陳代謝②」を参考にしてほしいのですが、アラフォーのみなさんは食事をある程度気にした方が、よりアンチエイジング成人病予防になります。

例えば、タニタ式ダイエット済陽式ダイエットでも、一食カロリー500kcalにしたり、玄米を食べたり、減塩糖質を限りなく0にしていくことをすすめられています。

そして、食事制限する方がが、より早く細マッチョ肉体改造につながります。

また、たんに一時的なダイエットするだけではなく、アンチエイジングや成人病の予防になる中長期的なダイエットについて考えるのは、とても大事なことです。

ですから、腹筋ローラーと同時に食事制限もすることをおすすめします!

そして、この食事制限によって、身体だけではなく頭脳細マッチョ脳になり、肉体的にはもちろん精神的にも強くなりますよ。

dsc_3585

それでは今日はこのあたりでご容赦くださいね。今日の僕は、バテバテでしたが、なんとか腹筋ローラーはやりきりました。では、みなさん、おやすみなさい~^^素敵な夢を^^






<AD>




投稿者プロフィール

momosuke
momosuke
百助 3月1日 兵庫生まれ 
腹筋ローラー部主将。お腹まわりダイエットのモチベーション維持のために、ブログを書き始めました。
趣味は、ヨット、テニス、読書、観劇、DVD鑑賞、料理です。プロ野球は阪神タイガース、観劇は宝塚歌劇団(宙組)を応援しています。
なお、腹筋ローラー部員を随時募集しています。みなさん、気軽にフォローしてみて下さい。宜しくお願い致します^^
スポンサーリンク

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

フォローしていただけると、ブログの更新を見逃しません!